30代主婦のパート選びについて

30代の主婦の方は、お子さんのいる方はお子さんが小学校などに入学し、少しずつ手がかからなくなってくる頃かと思います。
そのためパート代を家計の足しにするため、またお子さんの習い事や受験、進学のための資金にするためにパートに出てお金を稼ごうとされる方が多くいらっしゃることと思います。
そこで、30代の主婦の方に人気のあるパートについて触れてみたいと思います。
まず、以前に資格を取得しており、医療・福祉などの専門職としてのお仕事に就いていたという方にとっては、これまでの経験を活かして看護師や保育士、介護士などのパートなどは、現在人手不足の状況にあることからも雇われやすいと言え、なおかつ再び現場に戻ることができ、やりがいを感じることが出来るため、人気があるといえるでしょう。
また、事業所の多くが土日祝日を休むことができ、体力的な面でも負担が少ないことから、育児や家事などの私生活への影響が少ないということから、事務職の人気がとても高くなっています。
しかし、事務職は経験年数や、簿記の知識や資格、丁寧な電話対応、パソコンを使った作業のスキルなどが幅広く問われるため、狭き門となっています。
現実的に多くの30代の主婦の方は、新聞の折り込みとして入ってくる求人情報や、インターネットを利用し、スーパーマーケットやコンビニのなど、小売業や販売業、飲食業などのパートに就かれる方が多いのではないかと思います。
年齢や体力的な面からみてもパートの選択肢は多いのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事